2019-01-20

『紙布と私』

Facebook にシェア


『紙布と私』
出雲織 青戸工房の研修時代に紙布と出会いました。手すき和紙の持つ繊細さ、それの形を変えることによって作り出された紙布の美しさが、今の制作の原点です。使えば使うほどに風合いが出る『紙布』。いろいろな人に知ってもらい、実感してもらいたいです。これからも紙の糸を紡ぎ、布を織りあげていきたいです。

Facebook にシェア

関連記事

    関連記事はありません